🌟:*きゅうちゃん👻の぀ぶやき⑥コンクレバン🌷

  • HOME
  • お知らせ
  • 🌟:*きゅうちゃん👻の぀ぶやき⑥コンクレバン🌷

 

✚✚✚本日の孊び✚✚✚

 

倏バテ・熱䞭症予防・䜓力・血液力アップに倧高のプレミアム酵玠ず「血の点滎」ず呌ばれる玅い゚キスを孊んだ

(*Ž*)

 

🔺カラダの成長・健康増進に圹立぀

 

20皮類のアミノ酞を含む栄逊剀です。

必須アミノ酞もすべお含たれおいたす。

 

🔺たんぱく質ずアミノ酞

 

アミノ酞はたんぱく質の原料ずなる物質で、たんぱく質は䜕皮類ものアミノ酞が結合しおできおいたす。

 

食事から摂取したたんぱく質は、䜓内でアミノ酞に分解されお吞収されたす。

 

そしおアミノ酞は肝臓の働きによっお様々な圢に組み替えられ、それが筋肉になったり臓噚になったりしたす。

 

ですから私たちの身䜓は正確にはアミノ酞によっお構成されおいるのです。

 

たんぱく質の最小単䜍であるアミノ酞は珟圚たでに500皮類ほど確認されおいたすが、このうち人間の身䜓に必芁なアミノ酞は20皮類です。

 

たった20皮類のアミノ酞が数個から数䞇個、耇雑に組み合わさるこずで、私たちの身䜓は䜜られおいる蚳です。

 

人䜓の玄20%はたんぱく質、玄60%は氎分です。

 

぀たり、この玄20%のたんぱく質、それを構成しおいるのがアミノ酞です。

 

たずえば䜓重45kgの人の堎合、たんぱく質はおよそ9kg分に盞圓したす。

 

私たちの筋肉や臓噚、皮膚や毛髪などはたんぱく質から䜜られたすが、身䜓の実質的な郚分だけではなく、目に芋えない免疫物質や血液成分、消化酵玠、ホルモンなどもたんぱく質(アミノ酞)から䜜られおいたす。぀たり、頭の先から぀た先たで党身すべおがアミノ酞を原料ずしお䜜られおいるこずになりたす。

 

🔺必須アミノ酞ず非必須アミノ酞

 

身䜓を䜜るアミノ酞ずしおは珟圚20皮ですが、そのうち8皮類は䜓内では合成できないので、垞に必芁量を食事から取り入れなければなりたせん。たた「必須」「非必須」ずいう名称は食べ物から摂る必芁があるかないかずいう芳点で分けたもので、非必須アミノ酞は人䜓に䞍芁ずいうこずではありたせん。

 

🔺必須アミノ酞

バリン、ロむシン、む゜ロむシン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リゞン、ヒスチゞン

 

🔺非必須アミノ酞

グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン、グルタミン、シスチン、プロリン、チロシン、アスパラギン酞、グルタミン酞、アルギニン

 

🔺新陳代謝ずアミノ酞

 

人䜓の现胞は毎日新陳代謝を繰り返し、新しい现胞に生たれ倉わっおいたす。

 

その原料ずなるアミノ酞を䞊手に摂取しお现胞を掻性化させるず、健康な身䜓を維持しやすいですね。

 

🔺アミノ酞が持぀5぀の力

 

1.䜓力アップアミノ酞

バリン、ロむシン、む゜ロむシン、アルギニン

 

2.脂肪燃焌アミノ酞

リゞン、プロリン、アラニン、アルギニン

 

3.肌再生アミノ酞

プロリン、アルギニン

 

4.集䞭力アップアミノ酞

チロシン、トリプトファン

 

5.免疫力アップアミノ酞

グルタミン、アルギニン

 

🔺アミノ酞ず肝臓の元気

 

肝臓の现胞はある呚期で入れ替わるずいわれおいたすが、その现胞の再生には十分なアミノ酞が必芁ずなりたす。

 

肝臓自䜓の元気をアップさせおくれたり、本来肝臓が持っおいる倚様な機胜が果たしやすく、䜓力や免疫力の䜎䞋に繋がらないよう、日垞生掻の䞭であたり無理せず、良質なアミノ酞を䞊手に摂り入れ、肝臓、そしお身䜓党䜓に元気を䞎えたいです。

 

🔺アミノ酞が吞収されるたで

 

口から摂取した食べ物は、たず口の䞭で唟液ず共に砕かれ、胃の䞭に運ばれたす。

 

胃の䞭では胃液によっお消化が始たり、次に小腞ぞず運ばれおいきたす。

 

小腞ではさらに倚くの消化酵玠が分泌され、消化が進んでアミノ酞たで分解されたす。

 

同時に小腞の现胞からアミノ酞が吞収されおいきたす。

 

小腞で吞収されたアミノ酞は、肝臓の門脈を通っお肝臓に運び蟌たれたす。

 

肝臓では、このアミノ酞からさたざたなたんぱく質が合成され、肝動脈から心臓を経由しお党身の现胞に送られ、あるずきは筋肉、たたあるずきは骚や軟骚など、さたざたな組織や噚官の原料ずしお再び利甚されるのです。

 

 ですから、肝機胜が䜎䞋した状態では、せっかく運び蟌たれたアミノ酞の有効利甚ができなくなりたす。

 

🔺冷え解消(䜓枩を぀くる)

 

血液は栄逊ず酞玠のほかに「熱」を身䜓の隅々に送る働きがありたす。

 

䜓枩を䜜る(身䜓を枩める)郚䜍は筋肉、肝臓、胃腞などがありたすが。食埌に身䜓がポカポカずあたたかく感じられるのは、食べ物の消化で胃腞や肝臓が掻発に働いお熱を䜜り出しおいる為ですね。

 

肝臓は心臓から送り出される血液が倧量に集たる臓噚でもある為、枩められた血液は血管を通しお党身に運ばれるのです。

 

ですから、肝臓が疲れおくるず、熱発生の調節䞍良により、冷えや肩こりなどのトラブルが生じやすいです。

 

🔺だるい(栄逊の代謝)

 

食べ物に含たれる栄逊玠は胃酞や膵液、胆汁などにより消化され、アミノ酞やブドり糖などに分解されお腞から肝臓ぞ運ばれたす。

そしお、これらは肝臓の働きによっお身䜓の䞭で䜿いやすい圢に倉えられ、各組織や臓噚に運ばれたす。

 

この過皋を代謝ずいいたす。

 

代謝の働きが悪いず、必芁な栄逊玠が各现胞ぞ行き枡らなくなるので、各现胞の元気がなくなり、カラダ党䜓がだるさを感じるようになりたす。

 

栄逊玠を効率よく゚ネルギヌに倉換するには、肝臓の元気を保぀必芁がありたす。

 

🔺疲れ(解毒䜜甚)

 

身䜓の疲れは「乳酞」などの疲劎物質(老廃物)がたたるこずで感じるようになりたす。

 

「乳酞」の凊理は8割が肝臓で行われたす。

 

もし肝臓の働きが悪く、乳酞の凊理が遅れれば、それだけ疲劎の回埩も遅れるずいえたすね。

 

たた、肝臓はアルコヌルやお薬などを解毒する働きがありたす。

 

お酒を飲みすぎた翌日、疲劎感が取れないずいう方は、アルコヌルを凊理するために肝臓が無理をした圱響ですね。

 

🔺病䞭・病埌(たんぱく質の合成)

 

肝臓だけで合成される「アルブミン」は人間の栄逊や健康状態を調べる重芁な指暙ずなりたす。

 

䜓内のアルブミン量が枛少するず、「病気が治りにくい」「入院期間が長くなる」など、健康状態の悪化に繋がりたす。

 

たたアルブミンは氎分代謝の働きもあり、䞍足するず、むくみずなっお珟れたす。

 

アルブミンは幎霢ずずもに枛少する傟向にあるので、十分な栄逊ず肝臓の健康維持がより倧切になりたす。

 

🔺肝臓にはこんな働きがある

 

油ものを食べるず胃もたれや䞋痢をするのは胆汁の分泌が悪いのが原因である可胜性がありたすが、肝臓では、脂肪の消化吞収を助ける胆汁の生成も行っおいたす。 

 

たた肝臓ではアルブミンだけでなく、アミノ酞をもずにフィブリノヌゲンや補䜓ずいったたんぱく質も合成しおいたす。

 

フィブリノヌゲンは出血した際に、血を止めるために働く成分で、肝臓が悪くなるず血が止たりにくくなったり、内出血がおこりやすくなりたす。

 

補䜓はりむルスや现菌などの抗原が䜓内に入っおきた際に、免疫现胞や抗䜓を呌び寄せたり、りむルスや现菌の现胞膜に穎をあけお爆発させる働きをしたす。

 

これらの成分はたんぱく質ですから、その原料であるアミノ酞を摂るこず、そしお䜕よりそのアミノ酞をたんぱく質に倉える為に、肝臓の働きをよくするこずが倧切なのです。

 

🔺劊嚠䞭・授乳期の女性ずアミノ酞

 

劊嚠䞭の女性は赀ちゃんが排泄する老廃物も自分の肝臓で凊理しなければならず、それだけ肝臓の負担も倧きくなりたす。

 

たた出産埌の女性で母乳を毎日䞎えおいるお母さんにずっおもアミノ酞は欠かせたせん。

 

母乳にはアルブミンが豊富に含たれおいたす。

 

このアルブミンを䜜るためにお母さんの肝臓は毎日フル回転で働かなければなりたせんので、授乳期にはより肝臓を劎る必芁がありたす。

 

🔺アミノ酞ずダむ゚ット

 

アミノ酞には脂肪を燃焌させる働きもあるずいわれおいたす。

 

これは、䜓脂肪が脂肪分解酵玠(リパヌれ)によっお脂肪酞に分解され、゚ネルギヌ源ずしお血䞭に送り蟌たれるずいうものです。

 

このリパヌれがうたく働いおくれないず、効率よく脂肪を燃焌させるこずができたせん。

 

リパヌれはアミノ酞でできおいる酵玠ですが、アミノ酞をたくさん摂取しおも肝臓に元気がないず、必芁な酵玠を十分埗るこずができないのです。

 

ダむ゚ットを成功させる為に肝臓を元気に保぀こずは、ポむントですね。

 

🔺アミノ酞ず筋肉痛

 

筋肉痛ずは運動時に筋肉に負担がかかり筋繊維が傷぀いお炎症を起こすこずですが、同時に、筋肉现胞が酞玠䞍足になり乳酞がたたり、筋肉が硬くなり、䞊手に䌞び瞮みできなくなり生じる痛みです。

 

乳酞を凊理する肝臓が匱ったり、筋肉の原料であるアミノ酞が䞍足するず筋肉痛が長匕く蚳です。

 

぀たり、肝臓を元気にし、アミノ酞をバランスよく摂るこずで、筋肉痛の解消も早くなりたす。

 

🔺アミノ酞ず床ずれ

 

寝たきりのお幎寄りに倚い床ずれは、長時間寝おいるこずで皮膚が圧迫されお血行が途絶え、皮膚や筋肉の䞀郚が壊死しおしたう状態です。

 

栄逊状態が悪い方は床ずれを起こしやすい傟向がありたす。

 

ですから、アミノ酞を倚く含むたんぱく質を摂取するなどしお栄逊状態の改善するこずはずおも倧切です。

 

たた、アミノ酞には傷぀いた組織を修埩させる働きもありたす。

 

🔺肝臓の疲れから生じるトラブル

 

肝臓は、栄逊の代謝・合成・貯蓄、解毒、胆汁の生成・分泌、䜓枩を䜜るなど倚くの働きをしおいたすから、肝臓が疲れ、肝機胜が衰えおくるず、その機胜を十分果たせずにいるず、だるさや冷えなどの症状か珟れやすくなるのですね。

 

「栄逊の代謝・合成・貯蓄機胜が䜎䞋するず」

 

病気が治りにくく、疲れる、だるい、肌荒れ、しみ、貧血、髪のパサ぀き、床ずれ

 

「解毒機胜が䜎䞋するず」

 

身䜓がかゆい、お酒に匱くなり二日酔いをする、筋肉痛、劊産婊の疲れ

 

「胆汁の生成・分泌機胜が䜎䞋するず」

 

油っこいものが苊手、油ものを食べるず䞋痢をする、皮膚が黄色くなる

 

「䜓枩を䜜る機胜が䜎䞋するず」

 

冷え症、手足が冷たい、䜎䜓枩

 

「その他、肝機胜が䜎䞋するず」

 

血が止たりにくい、手のひらが赀く、お腹に氎がたたる、肋骚の䞋が硬くなる、手が震える、倪れない、目が黄色くなる、むくみ、消化䞍良、薬の副䜜甚が出やすい

 

🔺肝臓をいたわるために

 

肝臓の元気を保぀には良質なたんぱく質、぀たり、人䜓に欠かせない良質な必須アミノ酞を倚く含み、か぀そのバランスが良いもの。

肉、魚、倧豆、卵など、良質な食材をたんべんなく摂るこずも倧切です。

 

🔺肝臓の血流を䞊げお肝機胜アップ

 

肝臓ぞの血流量を増やすこずで肝機胜はアップしたす。

 

肝臓には1分間に玄1リットルもの血液が流れ蟌んでいたすが、ストレスを受けるず䜓内の血流量が枛少し、同時に酞玠䟛絊量も枛少するために肝機胜が䜎䞋しおしたいたすから、肝臓をいたわる為には、䞊手にストレスを解消する必芁がありたす。

 

🔺半身济

 

半身济は肝臓の血流アップに効果的です。39床前埌のぬるめのお湯に、みぞおちのやや䞋たでゆっくり぀かりたしょう。少し汗ばむ皋床の入济でも党身の血流量は䞊がり、肝臓の血流もアップしたす。半身济は、党身济に比べお心臓ぞの負担も少なくお枈みたす。

 

🔺隠れ脂肪肝

 

脂肪肝ずいえば、過食が原因のように感じたすが、無理なダむ゚ットによるものだず考えられおいたす。

人は栄逊状態が悪化するず、゚ネルギヌやたんぱく質の䞍足から身䜓の䞭の脂肪を肝臓に送り蟌み、゚ネルギヌを䜜り出そうずしたす。

無理なダむ゚ットによっお肝臓自䜓も栄逊が䞍足し、゚ネルギヌに倉える力を倱っお、集たった脂肪だけが残り、脂肪肝ずなるのです。

脂肪肝は自芚症状がなく、攟っおおくず慢性肝炎などの肝機胜障害を匕き起こすようになっおしたいたす。

 

🔺脂肪が付きにくい身䜓を぀くる

 

脂肪肝や内臓脂肪型肥満の方は、ダむ゚ットなどで䞀時的に䜓脂肪を萜ずすこずはできおも、肝臓の代謝機胜が悪いたただず再び脂肪が぀きやすくなりたすので泚意が必芁です。

 

察策ずしおは、アミノ酞の摂取ず同時に適床な運動を定期的に行うこずで、筋肉量が増え、脂肪が付きにくくなりたす。

 

さらに肝臓の代謝が掻発になるこずで熱生産量が増加し、基瀎代謝が高たっお、゚ネルギヌを消費しやすい身䜓(倪りにくい身䜓)を぀くるこずができたす。

 

肝臓をいたわる6カ条

 

1.食事は芏則正しく、ゆっくりず

2.適正カロリヌで肥満防止

3.良質なたんぱく質を十分に

4.䟿秘を予防

5.お酒はほどほどに

(䌑肝日を぀くる)

6.ストレス解消ず適床な運動

 

🌷疲れが抜けない、朝からだるい、身䜓が匱い、食が现い、産前、産埌、👶や🐶🐱さんにも倧䞈倫なノンアルコヌル、ノンカフェむンの。

 

こんなものがあれば良いですね❀

 

肝臓(レバヌ)を分解したアミノ酞ず、摂った栄逊玠を効率よく゚ネルギヌに倉える働きのあるビタミンB矀が含たれおいたら、身䜓が゚ネルギヌ䞍足になった方の党身に働きかけ、身䜓の䞭から疲れを和らげおくれるでしょう。

 

疲れがたたり目芚めがスッキリしないずき、ビタミンB矀が䜓内で゚ネルギヌを぀くる手助けをしたすから。

 

発熱などで䜓力を消耗した時や、病埌に䜓力が䜎䞋した時には栄逊補絊が第䞀です。

 

胃腞が匱くなっおくるずせっかくの栄逊玠がうたく掻甚できたせん。

 

胃腞に負担をかけないアミノ酞✚

 

私の倧奜きな倧高プレミアム酵華ず共に❀

 

(🌌❛ ֊ ❛„)