必読☞🌸きゅうの👻つぶやき🌸~特別編ⅲ~『ドールストーン』

  • HOME
  • お知らせ
  • 必読☞🌸きゅうの👻つぶやき🌸~特別編ⅲ~『ドールストーン』

 

🌸きゅう👻のつぶやき🌸

~特別編ⅲ~『ドールストーン』


🔻ドールストーンについて

DOLL STONE【仕様】

名称 DOLL STONE(ドールストーン)

サイズ 100mm×100mm×13mm(厚さ)

重量  約225g

 

内容

岡山県人形峠周辺で採取した微量の天然ウランを含む岩石及び土砂を原料としたテラコッタ(イタリア語で素焼きのタイル)です。
DOLL STONEをサウナ、温熱ルームなどに設置することによりラドン温泉の浴室と同等のラドン雰囲気を体感できます。
ラドン濃度 天然のウランが0.05%前後含まれており、本商品より1枚当たり1~2ベクレル/時間(Bq/h)のラドンが発生します。

 

【ドールストーン品質証明書】添付

製造元である、人形峠原子力産業株式会社がドールストーン品質証明書を発行します。
ラドン測定は、簡易の木箱1立方メートルの部屋で、50枚1組として48時間ラドン測定器(RGD-PS3)で測定した平均値を表した証明書です。

 


『DOLLSTONE』

※各DOLL STONEは、平成17年度先端原子力関連技術成果展開事業により、独立行政法人日本原子力研究開発機構と人形峠原子力産業株式会社が共同開発した商品です。

DOLL STONEは、意匠登録されています。
意匠登録 第1301142号

 


🔻ドールストーンの安全性

日本では安全のため、人間の身体が受ける年間放射能被ばく線量(年間1ミリシーベルト以下)の安全基準を定めています。
ドールストーンの利用にあたっては、年間1ミリシーベルト以内での活用をお願いしております。

ドールストーンの「ラドン温熱ルーム」の場合……毎日30分利用して1年間365日の利用でも安全基準地内(年間1ミリ」シーベルト以下)です。

 


🔻ラドン温熱効果とは?

いわゆるホルミシス効果
1978年当時ミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー生化学教授の著書によってもたらされた概念で、生物に対して通常有害な作用を示すものが、微量であれば逆に良い作用を示す生理的刺激作用をいう。

1980年代に入ると、低線量の放射線照射が生物の成長・発育の促進、繁殖力の増進及び寿命の延長などの効果をもたらすこともあるという研究(放射線ホルミシス研究)の中で話題になり注目された。

ホルミシス(hormesis)という言葉は、ホルモンと同じ語源であるギリシャ語の(horme)に由来する(英語でいうto excite「刺激する」である)・・・
※wikipedia より抜粋

ラドン温泉はホルミシス効果の“源泉”!!
ラドン温泉である鳥取県の三朝(みささ)温泉、秋田の玉川温泉、山梨県の増富鉱泉、北海道の二股ラジウム温泉などが近年ホルミシス効果の観点から注目を集めていることは、ご承知の通りと思います。
これらの温泉は総称して放射能泉と呼ばれ、温泉から発生するラドンガスが呼吸によって人体の各細胞に運ばれ、そこでラドンから発生するα線が細胞内のミトコンドリアレベルで体内を刺激すると言われております。

ドールストーンを使用した温熱ルームを活用することにより、ホルシミス効果による健康増進の声が、数多く寄せられております。
天然ウラン→ラジウム→ラドン がもたらすホルミシス効果は、大きいといわれています。